富山松友会 これまでの歩み

 
年 月 出来事
昭和27年11月故長谷誠一師 大阪の名門「大西家」の修業を終え師範として帰富、大西信久師のご指導、ご支援のもと有志の方々が相集い、観世流「松友会」を設立する
昭和33年10月 松友会主催第一回能楽大会開催
於:奥田屋
昭和38年 5月 松友会春季大会(創立十周年記念大会)開催
於:電気ビル五階大ホ−ル
昭和43年10月 松友会秋季大会
於:電気ビル五階仮設会場
「観世流能楽大会」
観世流二十五世宗家 観世元正師を招聘する
昭和45年 1月 役員改選
第二代会長に和泉俊忠氏就任
昭和52年 1月 役員改選
第三代会長に安住良治氏が就任
昭和56年 3月 大西智久師にかわり 以後、小西弘通師の指導となる
昭和56年 7月 第一回「富山薪能」より賛助出演 
昭和62年 4月 「富山能楽堂」落成竣工記念 祝賀能楽大会開催
宝生流、観世流、和泉流の三流派が竣工を祝賀する
昭和62年 8月 高岡文化ホ−ルの事業計画として、宝生流、観世流、和泉流「三流派合同能楽大会」開催
平成 3年 1月 役員改選
第四代会長に中川 昇氏が就任
平成 5年10月 富山県芸術祭参加
松友会「秋季大会」
大阪より小西弘通師・山本正人師・今村嘉伸師招聘
以後、「秋季大会」恒例化実施 大阪より二師招聘
平成 8年 9月 「国民文化祭」開催
能「山姥」シテ大西智久師 ツレ菊本澄代師 後見木内十三比古師
木内 菁師・小西弘通師・波多野晋師・平野元章師
などを上演
平成13年 8月 第十五回「高岡能楽鑑賞大会」
能 「小鍛冶」   小西弘通師 演能
地謡安住良治・吉富徹夫・中川 昇・松下 覚・井戸和男・波多野晋・寺澤忠芳・山本正人
大阪弘諷社ほかより多数、来富出演
平成15年 1月 役員改選
第五代会長に吉富徹夫氏が就任
平成20年 1月 役員改選
第六代会長に松下 覚氏が就任
平成24年10月 松友会秋季大会(創立六十周年記念大会)開催
於:富山能楽堂
平成26年 1月 役員改選
第七代会長に數川 悟が就任

富山松友会の概要

会 長 : 數川 悟
本 部 : 〒939-8076
      富山市太郎丸98-9
電 話 : 076-425-3902

富山”観世塾”のご案内

「富山“観世塾”」 は、観世流の謡曲を、皆様に広く親しみ、楽しんで頂くことを目的として、毎月、東別院「正覚寺」で開講しております。お気軽にご参加ください。

講師:観世流シテ方 富山松友会顧問 小西 弘通 先生
(重要無形文化財総合指定保持者・能楽協会 大阪支部会員)